未経験で保育士に挑戦するのはきついのか? | あずき

未経験で保育士に挑戦するのはきついのか?

保育士の転職・副業
この記事を書いた人
あずき

児童指導員・保育士を経て在宅で稼ぐ40歳主婦。
児童指導員・保育士・クラウドワークスWEBライターのリアルについて発信中。

あずきをフォローする
  • まったくの未経験から保育士に挑戦するのはきついのか?
  • 未経験から保育士を始める人が知っておきたいきつい部分てある?
  • 未経験で保育士をやる人に伝えたいリアルなきつさ

まずは結論からいって未経験で保育士を始めてやっていくことはできます。

けれど、保育士未経験者が必ずといっていいほどきついと思うポイントがあります。

そこで今回は、未経験から保育士に挑戦する方に向けてリアルな保育士のきつさについて紹介します。

未経験で保育士に挑戦するときついこと

未経験で保育士に挑戦するときついと感じることを紹介します。

保育士の世界は独特

保育士の世界は独特です。

【え?人としてどうなの?】先輩保育士に無視される「今年の新人保育士使えない」最悪な先輩への対処法【保育士はプライドが高い人が多い】サバイバルで生き残る方法

こういうことは保育士の世界では当たり前に行われます。

男性保育士は増えてきていますが、まだ女性保育士のほうが圧倒的に多いです。

そのため、女性特有な独特な世界がきついと感じるかも知れません。

ベテラン保育士はツワモノが多い

保育園には必ずといっていいくらいその保育園の名物保育士といわれるようなベテラン保育士がいます。

ベテラン保育士は、だいたいがツワモノであることが多いです。

もちろんベテラン保育士には、人間性に優れていて尊敬できるような保育士がいるでしょう。

しかし、往々にしてベテラン保育士はかなりのツワモノでです。

例えば、わたしが出会ったベテラン保育士は保育はしないし、仕事はしないのに保護者が来る時間だけ急に動き出すみたいなベテラン保育士がいました。

いい人から保育士は辞めていく世界

未経験から保育士を始めるなら、先輩保育士からいろいろなことを指導してもらいたいでしょう。

残念ですが、保育士の世界はいい人から辞めていく世界です。

そのため残っている保育士はツワモノ揃いで指導なんてそうそう簡単にしてくれません。

そのため未経験から保育士をするとなにも教えてもらえずきついと感じてしまうかも知れません。

人間関係がかなりきつい

未経験から保育士をするなら、保育士の人間関係を甘くみてはいけません。

学生時代なんとかうまくやってきたというのであれば、まあ大丈夫でしょうが学生時代人間関係でつまづいた経験がある人にとって保育士の人間関係はかなりきついと感じることでしょう。

体力的にきつい

未経験から保育士を始めた場合、体力的にきついと感じるかも知れません。

例えば、保育士は遠足に子ども達と出かけることがあります。

遠足から帰ってきてへとへとになってもその後の保育は続きます。

また、毎日園庭や公園で遊ぶので体力はかなり必要です。

休み時間がないのがきつい

保育士でも、働く保育園によって休憩時間がある保育園とまったくとれない保育園があります。

休み時間がない保育園の場合、朝出勤してから夕方仕事が終わるまで常に立ちっぱなしということも。

また、休み時間が取れたとしても子どもを見守りながらという保育園が多いのです。

保育士1年目はきつい

未経験から保育士を始めたばかりの1年目は、きついと思うことが多いでしょう。

保育士1年目は、

「きついな」と思うことが多いです。

誰でも通る道ですが、未経験から保育士を始められた方はきっときついと感じることでしょう。

未経験から保育士はきついからやめたほうがいいのか

未経験から保育士はきついからやめたほうがいいのでしょうか。

働いてみないとわからない

保育士を未経験から始めてみて、きついかどうかは働いてみないとわからないことが多いです。

例えば、人間関係が保育士はきついといっても、逆に【先輩保育士との別れが辛い】信頼している人の異動の記事で書いているような素敵な保育士との出会いはあるわけで。

体力的にきついかもわかりませんが、人によっては「きついけど、まだ大丈夫」と思うかも知れません。

年度によってきつさは変わる

保育士をやっているとその年度年度によってきついかどうかは変わってきます。

例えば、

というように年度によって保育士のきついかどうかは違ってきます。

保育園によってきついかどうかは変わる

未経験者が保育士として働くなら、働く保育園によってきついかどうかは決まります。

保育士仲間と話していても、「●●保育園は人間関係はきつい」「△△保育園はこういうところがきつい」というような話で盛り上がります。

なかにはいってみないと分からないことがあります。

未経験者が保育士としてやっていくなら

未経験者が保育士としてやっていくのであれば、どういうことを意識すればいいのか紹介します。

体力をつけておく

保育士は体力勝負です。

体力はあればあるだけ保育士はいいです。

人間関係はきついと思っておこう

保育士をやっていくのであれば、人間関係がいい保育園で働くのは稀だと思っておきましょう。

そうしておけば、もし人間関係がいい保育園なら最高ですし、悪くても「仕方ないか」と思って頑張れます。

人間関係は年度ごとに変わるので、次の年度に期待しながらやっていきましょう。

子どもはかわいいだけではない

保育士は、子ども達と関われる素晴らしい仕事です。

しかし、保育士をやっていると子どものダークな部分やできれば知りたくなかった部分に触れることがあります。

保護者対応について学んでおこう

未経験から保育士を始めてきついなと思うことに、保護者との関係があるかも知れません。

保護者対応については現場で経験してみないとなかなか身につけることができないので意識して学ぶ姿勢が必要です。

自分に合った保育園で働こう

未経験から保育士を始めるなら、自分に合った保育園で働くのは絶対に必要です。

【保育士の転職】Hoikuroo Job/園と直接つながれる なら、匿名で保育園に質問ができます。

また、面接を辞退するのもボタン一つで完了するので自分のペースでマッチする保育園を探せます。

まとめ

未経験から保育士になったら「きつい」と思うことは必ずあります。

しかし、「こういうきついことがあるんだ」と知ってから保育士として働くのと「こんなきついなんて知らなかった!」と思って働くのとではかなり違ってくるはずです。