保育士は休憩なしが当たり前?リアルな保育士現場 | あずき

保育士は休憩なしが当たり前?リアルな保育士現場

保育士の休み
この記事を書いた人
あずき

児童指導員・保育士を経て在宅で稼ぐ40歳主婦。
児童指導員・保育士・クラウドワークスWEBライターのリアルについて発信中。

あずきをフォローする
  • 保育士って休憩なしが当たり前?
  • 保育士だけど休憩なしで1日やっている
  • 保育士が休憩なしが普通なことなの?

まずは結論から、休憩なしで保育し続けるのは厚生労働省労働基準法(昭和22年04月07日法律第49号)で6時間以上働いたら休憩をとらなければならないと明記されています。

しかし保育園の現場では保育士は休憩なしで働き続けるのが普通になっているのもリアルです。

そこで今回は、保育士が休憩なしで働く実態について現場の様子を紹介し、改善策も提案させてもらいます。

保育士は休憩なしが当たり前?リアルな保育士現場

保育士は休憩なしが当たり前です。

リアルな保育士現場からお届けします。

子供と一緒にお昼ご飯

お昼ごはんは基本的に子供と一緒です。

幼児の場合、給食を子供と一緒に食べます。

乳児の場合、午睡中に子供の様子を見ながらお昼ご飯を食べます。

午睡中は連絡帳・事務仕事

保育士は、子供が午睡中に連絡帳や事務仕事を行います。

子供が起きている時間にできない事務仕事も休憩なしでやってしまわないといけません。

午睡中でも保育は気が抜けない

保育士は午睡中の時間も気は抜けません。

子供の様子を時間を決めて確認する必要があります。

休憩なしでできる仕事をする

保育士は、休憩なしでできる仕事があれば仕事をすることが多いです。

保育士の仕事にはこれでOKというゴールは存在しません。

仕事はいくらでもあるので、休憩なしでやってしまいます。

休憩室が用意されている場合も

保育園によっては休憩なしで働くことはダメと厳しく決まっている場合があります。

休憩室が用意されていて、時間を決めてしっかりと休憩がとれる保育園もあります。

保育士が休憩なしになる原因

保育士が休憩なしになってしまう原因について解説します。

慢性的な人手不足

保育士は慢性的な人手不足です。

休憩要因として、工夫している保育園もありますが、リアルには休憩なしで働く保育士が多いです。

子供が常にいる

保育時間中は常に子供がいます。

休憩時間だからといって、子供と一切関わらずに休憩するなんてことはできません。

残業したくない

保育士は残業したくないために、休憩なしで働く人もいます。

休憩時間にできることをやってしまって、持ち帰る仕事を減らしたり、仕事をやりきって帰りたいという保育士です。

仕事はいくらでもある

保育士の仕事は年中いつでもいくらでもあります。

  • 掃除
  • 整理整頓
  • 消毒
  • 書類関係
  • 保育準備
  • 行事の準備

暇な時間は基本的にありません。

独特な人間関係

保育士には独特な人間関係があります。

上下関係に厳しいこともあって、先輩保育士が休憩なしで働いているのに後輩保育士がゆっくり休憩なんてできません。

また、休憩中でも先輩保育士を立てる必要があり休憩なのに保育するより疲れるなんて声も時々ききます。

保育士は休憩なしが当たり前改善策

保育士は休憩なしが当たり前になってしまっています。

改善策として考えられる方法を紹介します。

保育園を改革する

保育士だから休憩なしが当たり前では、疲労は蓄積されていきます。

これまでやってきたからといってそのままにしておくのではなく、保育士が休憩なしで働くことはよくないと声をあげることも必要です。

転園する

保育士が休憩なしで働くのはおかしいと声を上げても、聞き入れてもらえないこともあるでしょう。

その場合、自分にあった保育園に転園する方法があります。

【保育バランス】なら残業少なめ・大型行事なしの保育園がみつかります。

転職する

保育士が休憩なしで働くのは、保育士という職業柄休憩が難しいという側面があります。

それなら思い切って転職して、自分にあった職業を選択する方法もあります。

副業を始めておく

保育士が休憩なしだからっていきなり辞めるや転園なんて考えられないのであれば、副業を始めてみましょう。

副業収入があれば、保育士を辞めたいと思ったときに心強いこと間違いありません。

【体験談】保育士は休憩なし

保育士をやってきて休憩なしだった体験談を紹介します。

遠足の後の強烈な疲労感

保育士は子供達を遠足に行きます。

電車やバスで遠出して保育園に着いてからホッと一息休憩できたら最高ですよね。

残念ながら遠足の日も休憩なしでそのまま普段の保育に突入します。

運動会あとの休憩は恐怖の反省会

運動会のように保育園最大イベントの後は、保育士全員集まって反省会が開かれます。

まさに恐怖の反省会でした。

ダメだし合戦です。

後輩保育士は休憩時間も地獄

保育士は上下関係に厳しい職場です。

そのため運よく休憩が取れたとしても、苦手な先輩保育士と一緒になってしまうとその時間は地獄です。

まとめ

保育士は休憩なしが当たり前といった保育園が多いです。

休憩なしで保育士をやっていく自信がないのであれば、【保育バランス】を使って自分にあった保育園を探してみましょう。