保育士だって休みたいでも休めないときの対策 | あずき

保育士だって休みたいでも休めないときの対策

保育士の休み
この記事を書いた人
あずき

児童指導員・保育士を経て在宅で稼ぐ40歳主婦。
児童指導員・保育士・クラウドワークスWEBライターのリアルについて発信中。

あずきをフォローする
  • 保育士だって休みたいけど休めない
  • 保育士が休みたいときどうしたらいいの?
  • 保育士です。休みたいです。

保育士をしていると休みたいときはあります。

しかし、そう簡単に当日欠勤できるものではありません。

そこで今回は、保育士が休みたいときどういう対策があるのか紹介します。

保育士だって休みたい

保育士だって休みたいときはあります。

どういうときに休みたいと思うのか紹介します。

人間関係に疲れた

保育士をしていると、先輩保育士・同期の保育士・園長・保護者・給食の先生などたくさんの人と関わって保育にあたります。

なかには苦手な人やきつい人もいて、「ああ、会いたくないな」「休みたいな」と思う原因になってしまいます。

保護者のクレーム対応に疲れた

保育士をしていると、保護者からのクレームを受けることがあります。

なかには「それってどうなの?」というようなクレームがある場合も。

そうなると「ああ、休みたい」って思ってしまうでしょう。

自分は保育士に向いていない

保育士をしていると、いろいろなことがあります。

ときにはなにをやってもうまくいかないことも。

そんなとき「自分は保育士に向いていないんじゃないだろうか」と思ってしまうことでしょう。

理想と現実に打ちのめされる

希望いっぱいで保育士として就職したのに、実際に保育士として働き始めてみるとぶっちゃけしんどいことの方が多いと感じることがあるでしょう。

そういうときに、休みたいと思ってしまいます。

何をやってもミスばかり

保育士なのに、何をやってもミスばかり連発してしまうときがあります。

人間なので100%ミスを防ぐのは不可能ですが、ミスがミスを呼んでえらいことになってしまいます。

体調が優れない

保育士1年目に多い原因です。

常に体調が優れず、いつもどこかに不安を抱えて出勤しているのではないでしょうか?

毎日毎日休みたいと思っているけど、ずっと我慢し続けているのでしょう。

保育士だって休みたいときの選択肢

保育士だって休みたいと思ったら、どんな選択肢があるのでしょうか。

ずる休み

保育士が休みたいと思ったら、ずる休みしてしまおうかという気持ちが沸いてくることも。

ただ、ずる休みはおすすめできません。

残念ながら、保育士は女社会なのでずる休みは簡単にばれます。

当日欠勤

どうしても体調が悪くて当日欠勤する必要があるのであれば、すぐに連絡をする必要があります。

当日朝1番に保育園に連絡をして、園長か主任に当日欠勤がしたい旨を伝える必要があります。

もしも当日欠勤したのであれば、その後の対応次第でその後の保育士人生が決まってきます。

耐えて出勤する

保育士が休みたいと思っても、ほとんどの人がなんとか耐えて出勤していることでしょう。

しかし、あまりにも休みたい気持ちが深くどうしようもない状態になってはいないか常に注意する必要があります。

休職

あまりにも休みたい気持ちが強く、自分ではどうしようもできないことになってしまうことがあります。

その場合、休職制度がある保育園の場合、休職するという選択肢があります。

これは自己判断ではできないので、必ず専門機関を受診して診断書を書いてもらいましょう。

保育士だって休みたいときの対策

保育士だって休みたいときはあります。

しかし、そう簡単に休めないのが保育士です。

そんなとき、どんな対策があるのか紹介します。

楽しみを見つける

保育士で休みたいとき、なんとか頑張って出勤するにはご褒美が必要です。

  • 1週間頑張ったら泥のように眠るんだ
  • 友達をカラオケに行って発散するんだ
  • 普段食べないような高級なお弁当を買うんだ

というように今の自分のできる楽しみを見つけてみてください。

リラックスする

保育士でも休みたいときは、上手にリラックスできていない場合があります。

リラックスしたいなら、2種類の方法があります。

  • ゆったり過ごす
  • 発散する

このどちらかでリラックス効果があるとされています。

ゆったり過ごすのは、温泉などにつかってゆっくりとリフレッシュする方法で、発散する方法は、ジェットコースターのような普段ない刺激的な体験をするのがよいとされています。

副業を始めてみる

保育士が休みたいと思うなら、副業を始めてみるのがおすすめです。

保育士なら副業しないとやばい時代!このままでは逃げ切れないの記事でも書いていますが、副業しないとやばい時代になっています。

また、副業することで保育士がきつかったらいつでも辞められるという心の余裕も生まれます。

毎日休みたいと思い続けて出勤するのではなく、「保育士と副業とでバランスよく稼ごう」という気持ちにシフトできるかも知れません。

転職活動してみる

毎日保育士を休みたいと思っているなら、もしかするとあなたの働いている保育園があっていないのか、保育士という仕事にあっていない可能性があります。

本気で転職しなくてもいいので、保育士からどんな転職先があるのかを考えてみるのもいい対策です。

転職先をみながらいい感じのところが見つかれば転職すればいいし、やっぱり保育士として頑張りたいと思うなら、続ければいいだけです。

【体験談】毎日休みたいと思っていた保育士1年目

保育士1年目のときは毎日のように「休みたい」と思っていました。

常に体調不良

保育士1年目は常に子供の感染症をもらって体調不良でした。

鼻水がでる・腰が痛い・腕が痛い・咳がでる・喉が痛い

こんな毎日でした。

先輩から「今年の新人保育士使えない」

先輩保育士から「今年の新人保育士使えないんですけど」っていわれたことがあります。

その先輩保育士はとてもきつく出くわさないように出くわさないようにしていました。

休みの日は泥のように眠る

毎日休みたいと思いながらなんとか1週間過ごしたら、泥のように眠っていました。

休みの日は一歩も外にでず、ただひたすら眠っていました。

長期休暇になると寝込む

そして、ゴールデンウィークやお正月休みといった長期休みに入ると決まって寝込んでいました。

せっかくの休みなんだからどこかにでかけようとか、そんな気力はありませんでした。

10年やってもいつも休みたい

保育士を10年やってきましたが、常に休みたいなと思い続けていました。

休みたいものは休みたいです。

何も考えずボーッとして過ごしたいなと思っていました。

保育士を辞めて在宅で稼ぐ

そして今では、保育士を辞めて在宅で稼いでいます。

在宅で稼いで思うのは、保育士というのは本当にきつい仕事です。

時間の拘束も長く、休みもとれない、人間関係もきつい。。。

もっと早く在宅で稼ぐほうにシフトしておけばよかったと思います。

まとめ

保育士が休みたいときの対策について紹介しました。

今はネットでも稼げる時代です。

未経験からでも稼げるので、とりあえず副業として始めてみませんか?