【1歳児担任はマジ辛い】安全に1日過ごすので精一杯 | あずき

【1歳児担任はマジ辛い】安全に1日過ごすので精一杯

保育士のお悩み
この記事を書いた人
あずき

児童指導員・保育士を経て在宅で稼ぐ40歳主婦。
児童指導員・保育士・クラウドワークスWEBライターのリアルについて発信中。

あずきをフォローする

1歳児担任は本当に辛いです。

月齢差が大きいですし、複数担任で保育士間でのいざこざが起これば最悪です。

実は1歳児担任は、コツさえつかめば余裕をもってできるんです。

そこで今回は、長年保育士をしてきた経験を元に1歳児担任の辛い原因と、1歳児担任をするコツについてご紹介します。

1歳児担任が辛い原因

1歳児担任が辛い原因について解説していきます。

月齢差が大きい

1歳児担任のなにが辛いかといったら、月齢差の大きさではないでしょうか?

歩けない1歳児もいれば、走り回る1歳児もいるなかで1歳児というだけで1フロアでやっていかなければいけないのはかなり無理があります。

食事も自分で食べれる1歳児もいれば、全部お手伝いが必要な1歳児もいて大変です。

複数担任でチームワークが求められる

1歳児担任は、複数担任が一般的です。

複数の保育士がいれば、それだけ保育観があるわけで。

それぞれの保育観を受け入れつつ、チームワークを発揮して協力しないと1歳児担任はできません。

子供同士のトラブルが増えてくる

1歳児は、子供同士のトラブルが増えてきます。

噛み付きや引っかきなどよくみておかないとトラブルに発展してしまいます。

突発的にトラブルが起こるため1歳児担任は一瞬たりとも気が抜けません。

遊び方が違う

1歳児でも性別や月齢、個性によって遊び方も違います。

  • とにかく体を動かしたい
  • じっくり保育室で遊びたい
  • 保育士とゆったりとした時間を過ごしたい
  • 走ったり登ったり好奇心旺盛に遊びたい

それぞれの1歳児の希望に添う遊びや環境設定が求められます。

保護者対応まで手が回らない

0歳児担任は、保育士1人に対して子供は3人ですが、1歳児になると保育士1人に対して子供は6人です。

0歳児で毎日のように顔を合わせて保護者対応をされていた保護者からすると、1歳児になった途端保育士から話し掛けられなくなったと感じる場合があります。

それは保育士に対しての不信感へと直結してしまいます。

1歳児担任は毎日の保育も大変ですが、保護者1人1人に寄り添っていく必要があります。

\人間関係がいい保育園で働きたいなら/

1歳児担任が辛いときの対処法

1歳児担任をしていると、毎日無事に終えるのが目標になってしまいがち。

保育の質を考える余裕もなくなってしまうことでしょう。

そこで1歳児担任が辛いときの対処法についてご紹介していきます。

グループ分けをする

1歳児は成長発達も違いますし、個性によっても違います。

月齢差はもちろんですが、それぞれの個性に合わせた保育が求められます。

そうなら、グループに分けて活動するのがおすすめです。

全ての時間をグループごとに活動するのではなく、要所要所でグループで行動するようにするとかなり違います。

例えば15人の1歳児と4人で保育するのと、7人と8人に分けた1歳児を2人で保育するのとではかなり違います。

担当制にする

1歳児は食事の用意から後片付けまで、本当に大変です。

1日雑用をする保育士がいないとうまく回らないことも。

担当制にして、クラスを引っ張っていく保育士、サポートする保育士、雑用をこなす保育士というような担当制にするのもおすすめです。

グループで活動内容を変える

1歳児を一斉に保育するのは、保育士も大変ですし、子供も辛いです。

それなら活動内容をそれぞれの子供に合わせて柔軟に変えていきましょう。

動線を考えて環境を整える

1歳児がトラブルになる場所は、だいたい決まってきます。

例えば、

  • 手洗い場
  • トイレ
  • おもちゃ置き場

そういったトラブルになる場所に必ず保育士がいるような環境を整えることも大切です。

また、動線もよく考えてスムーズに動ける環境を整えましょう。

時間で差をつける

1歳児全員一斉に動くのは大変です。

そうならば、時間で差をつけるのも方法です。

自分で歩ける1歳児なら、少し長めに遊ぶ時間を設定して、歩けない1歳児は早めに切り上げるといった工夫ができます。

また、給食の時間も工夫次第でスムーズに進む場合も。

ほかのクラスと連携する

1歳児担任だけで全ての子供を保育しないといけないというわけではありません。

午睡時間が長い1歳児の場合は、0歳児クラスで午睡した方がしっかりと眠れることもあります。

身体を思う存分動かして遊びたい1歳児なら、2歳児クラスに混ざって活動した方が、思い切り遊べるでしょう。

保育士間のコミュニケーションをしっかりととっていればクラスを超えて協力し合えます。

時間や活動によってヘルプを頼む

1歳児担任をしていると、ここのこの時間だけでも1人保育士がいてくれたら!という時間がありますよね?

例えば、

  • 園庭から保育室に移動する時に歩けない1歳児を2階の保育室に連れていくのを手伝って欲しい
  • 保育室に戻る時間帯だけでもまだ遊び足りない1歳児を見ていて欲しい
  • じっくり遊んでいるから遊ばせてあげたいけど・・・
  • トイレトレーニングで保育士がトイレに1人取られる

こういった時間帯にヘルプして欲しいと会議などで伝えておくとスムーズです。

1歳児担任は辛いですが、そうやってたくさんの保育士にヘルプしてもらえる工夫は1歳児担任がしておくべきことです。

\人間関係がいい保育園で働きたいなら/

【体験談】1歳児担任は辛い

1歳児担任が辛かった体験談をご紹介します。

午睡時間がバラバラで休憩が取れない

1歳児担任の休憩は、基本的に子供の午睡時間に交代でとっていました。

1歳児でも午睡時間が短い子供がいて、その子が起きるとほかの子供も起きてしまい結局休憩が取れないのが辛かったです。

きつい先輩保育士

1歳児担任をしていると、複数担任です。

そのためきつい保育士がいる日は、ピリピリモードになっていました。

子供達にも伝染して、なんだか変な空気感になってしまいました。

逆にきつい先輩保育士がいない日は子供も保育士もどこか穏やかに過ごせました。

保育士に疲れたらネットで稼ぐ

保育士をしているといろいろしんどいですよね?

保育士を辞めたとしてもネットで稼げる時代です。

ネットで稼ぐ方法はたくさんあるので、全くの未経験者でも稼げる方法をご紹介します。

クラウドソーシング

ネット上で仕事をしたい人として欲しい人を繋げてくれるマッチングサイトです。

クラウドワークス が有名ですね。

クラウドワークスについて詳しく知りたい方は下記の記事をチェックしてみてください。

クラウドワークスは、初心者からプロレベルの仕事ができて初心者からでも仕事がゲットできます。

どれくらい稼げるのかについては、下記の記事で詳しくご紹介しています。

わたしは、クラウドワークスで5年やってきましたが、結局稼げたのは月10万円が限度でした。

保育士を辞めてからも稼ぐ方法があることは知れたのはよかったですが、クラウドワークスはやめたほうがいいと感じています。

ブログ

ブログに広告を貼り付けて広告収入を得る方法です。

すぐに稼げるような簡単なものではありませんが、コツコツ正しい方法で継続すれば、月5万円稼げるとされています。

ユーチューブ

ユーチューブで自分の得意なことを発信してお金を稼ぐこともできます。

こちらも即金性はありませんが、コツコツ継続していくことで保育士以外での収入源を得ることができます。

SNS

SNSで発信して、自分のファンを増やしていけば、ブログからの収益やユーチューブからの収益に繋げることができます。

0歳児担任が大変や辛いということを発信して、同じ境遇の仲間と繋がるという方法もあります。

アンケートモニター

アンケートモニター とは、無料登録しておけばメールでアンケートが送られてきます。

アンケートに回答すればポイントがゲットできるという仕組みです。

隙間時間にコツコツできるので初心者におすすめです。

まとめ

1歳児担任は辛いこともあります。

しかし1歳児担任同士でコミュニケーションをとって協力しあえれば、うまく保育できる日が増えてきます。

今はバタバタして大変辛いかも知れませんが、どこが問題なのか何か必要なのか今1度1歳児担任で点検してみてはどうでしょう?

\人間関係がいい保育園で働きたいなら/