【絶望】もう保育士頑張れないときやったこと | あずき

【絶望】もう保育士頑張れないときやったこと

保育士辞めたい
この記事を書いた人
あずき

児童指導員・保育士を経て在宅で稼ぐ40歳主婦。
児童指導員・保育士・クラウドワークスWEBライターのリアルについて発信中。

あずきをフォローする
  • もう保育士頑張れない
  • 保育士を頑張れそうにない
  • 保育士を頑張れないときどうしたらいい?

保育士をやっていると「もう頑張れない」「今日頑張れる気がしない」なんて思わない日はありませんでした。

そこで今回は、保育士が頑張れないと思ってしまっている方に向けて理由と対策を紹介します。

実際に保育士を頑張れないと思ったときにやったことも体験談として紹介するので参考にしてみてください。

保育士を頑張れない理由

保育士を頑張れない理由はなんでしょうか。

えげつない人間関係

保育士を頑張れない理由がもしかしたら人間関係にあるのかも知れません。

【潜在保育士はこうして生まれる】えげつないほど辛い人間関係の記事で書いていますが、保育士を辞めてから二度とやりたくない人の多くが保育士の人間関係が理由になっています。

  • きつい先輩がいる
  • 気分で言っていることが変わる園長
  • 面倒な仕事は全て振るずるい保育士など

頑張れなくなってしまうくらいしんどい人間関係が保育士の世界にはあります。

持ち帰りの仕事が多い

保育士を頑張れない理由として、持ち帰りの仕事が多いこともあります。

家に帰ってまで仕事をしたくないのに、保育園ではできないなんてありえないですよね。

かといって家で仕事しないと仕事にならないとなってくると、頑張れなくなってしまうでしょう。

給料が少ない

保育士が頑張れなくなってしまうのは、お給料面ではないでしょうか。

休みもなく頑張っているのに、残業も当たり前のようにしているのに、それなのにお給料に全く反映されていないと「もう、頑張れない」と思ってしまうことでしょう。

内閣府の『平成29年度保育士及び幼稚園教諭の平均賃金等の実態について』によると保育士のお給料は月給228,200円です。

保護者対応がうまくできない

保育士を頑張れない理由として保護者とうまく関係が築けないことがあります。

特に保育経験が少ない1年目は悩んでしまうでしょう。

また、保護者と1度関係が崩れてしまうとどんどんエスカレートしていってしまうことも。

保育士に向いていない

保育士を頑張れない理由として、「自分は保育士に向いていないんじゃないか?」と思うときがあります。

たとえば、ほかの保育士がリーダーのときは上手に子ども達がまとまって遊んでいるのに、自分がリーダーになるとバラバラになってケンカが勃発みたいになると「自分は保育士に向いていない、頑張れない」となってしまうことでしょう。

関連記事:【現場保育士が回答】0歳児担任に向いている人ってどんな人?

やりたい保育ができない

自分が働いている保育園によっては保育理念がしっかりとあって、それに沿った保育が求められることも。

しかし、自分が本来したい保育がその保育理念とかけ離れたものなら頑張れなくなってしまうでしょう。

「本当はこんな保育したくないのに」と思いながら毎日過ごすのはかなりきついです。

プライベートがあってないもの

保育士をしていて頑張れないときは、【もううんざりだ】保育士は休みの日も仕事を考えてしまうの記事で書いているように休みの日なのに仕事のことを考えてしまうことがあるでしょう。

また、保育園が家と近い保育士パートさんの場合、一歩外に出ると園児に遭遇するのにプライベートがなかなか取れない方もいるのではないでしょうか?

プライベートが取れないとどんなに頑張って保育しようと思っても、頑張れなくなってしまうでしょう。

保育士が頑張れないときの対策

保育士が頑張れないときの対策としてどんなものがあるのか紹介します。

休みの日はとにかく休む

保育士が頑張れないと感じたらしっかり休んでみましょう。

そうかといっても休みの日であっても保育のことを考えてしまうなら、強制的に違うことを始めてみるのがおすすめです。

習い事や小旅行など気分転換を意識してみましょう。

休職制度

保育士をもうこれ以上頑張れないと思っている場合、もしかすると医師の診断が降りている場合もあるでしょう。

その場合、保育園によっては休職制度があることも。

休職制度を活用してしっかりと休むことも検討してみてください。

頑張れない理由をきいてもらう

もし、あなたの周りに信頼できる人がいるなら、保育士を頑張れない理由をきいてもらうのも効果的です。

保育士をされている方はプライドが高く自分の気持ちを人に伝えるのが苦手だったりします。

しかし、勇気を出して「保育士を頑張れない理由」を人に話すことができれば肩の力がスッと抜けていってくれるかも知れません。

もしも、リアルにそういう人がいないなら、ツイッターを使って匿名でつぶやいてみるのもおすすめです。

顔が知られていない分、自分の本音が出しやすいかも知れません。

副業を始めてみる

保育士を頑張れないとき、頭の中が保育のことばかりでいっぱいいっぱいになってしまっていることでしょう。

そういうときは、もっと自分が興味が持てることに挑戦してみましょう。

おすすめは副業です。

今はネット環境さえ整っていたら、月3万円から10万円くらい稼げる副業ができる環境が整っています。

また、副業でそれなりの収入ができてきたなら、保育士を辞めてしまって副業に注力することもできてしまいます。

スマホだけで稼げる副業もあるのでぜひチャレンジしてみてください。

転職先を探してみる

保育士を頑張れないなら、本気で転職活動してみるのも方法です。

転職するなら早いほうがいいのです。

残念ながら保育士資格があるからといって転職に有利に働くものではありません。

納得のいく保育園で働く

保育士が頑張れないのが今の保育園に原因があるなら、自分が納得のいく保育園で働くのがおすすめです。

【保育士の転職】Hoikuroo Job/園と直接つながれる なら、チャットで直接保育園に匿名で質問ができます。

もしも、面接をやっぱり辞退したいと思ったら、ボタン1つでできます。

今の保育園を経験している分、どんな部分にこだわりたいのか明確になっているはず。

きっと自分に合った保育園がみつかることでしょう。

【体験談】保育士が頑張れないときやったこと

では実際に保育士をしていたときに「もう頑張れそうにないな」と思ってやったことを紹介します。

ひたすら寝た

ひたすら寝ました。

寝ても夢に保育している夢をみてしまうのですが、とにかく寝ました。

休みの日は昼頃まで寝て、ご飯を食べてまた寝るなんて休み方をしていました。

ツイッターで愚痴る

ツイッターをして保育士の愚痴を書き込んでみました。

やっぱり同じように保育士をしていて頑張れない人は世の中にいるので、励ましあっていました。

泣けるドラマを見て現実逃避

保育士が頑張れないときは、泣けるドラマや映画を見て号泣するようにしていました。

けれども、選ぶ作品によってはあとを引く場合もあったので作品選びは重要です。

保育士を辞めて在宅で稼ぐ

いろいろためしてはみたものの、結局わたしは保育士を辞めました。

保育士を辞めて今は在宅で稼いでいます。

関連記事:【保育士辞めたらどうなった?】お金・人間関係・働き方ぶっちゃける

保育園をかえた友人保育士

保育士の友人のなかに保育園を転園した保育士がいます。

もともと園長の保育理念に疑問を持っていたので、「あんな保育園いつか辞めてやる」と会うたびにいっていました。

そして、晴れて小規模の保育園に転園したことで「今はゆったり子どもと関われている」と話していました。

残業なし!行事なし!土曜出勤なし!の保育園への転職なら【保育バランス】

まとめ

保育士を頑張れないときは誰しも経験しているはずです。

上手にリフレッシュできそうなら、いろいろためしてみてください。