【最悪】クラウドワークスのやばいクライアントの闇 | あずき

【最悪】クラウドワークスのやばいクライアントの闇

保育士の転職・副業
この記事を書いた人
あずき

児童指導員・保育士を経て在宅で稼ぐ40歳主婦。
児童指導員・保育士・クラウドワークスWEBライターのリアルについて発信中。

あずきをフォローする
  • クラウドワークスのやばいクライアントってどんなの?
  • 実際にあったクラウドワークスのやばい案件ってどんなの?
  • やばいクライアントにクラウドワークスで当たったことある?

クラウドワークスで5年やってきましたが、数々のやばいクライアントややばい案件に出会ってきました。

恐らく最もやばい案件やクライアントに出会っていると思っています(笑)

そこで今回は、実際に当たったことがあるクラウドワークスのやばい案件・クライアントについてご紹介します。

クラウドワークスでこういった案件やクライアントに当たったら迷わずスルーしてください。

【体験談】クラウドワークスのやばい案件・クライアント

クラウドワークスで当たったやばい案件やクライアントをご紹介します。

仮払いをなかなかしてくれないクライアント

クラウドワークスのルールとして、契約が成立してからクライアントが仮払いをしたのを確認してから作業を開始するというものがあります。

仮払いとは、クライアントが契約してからクラウドワークスに報酬を先に支払います。

仮払いによって報酬未払いを防ぐ役割があります。

やばいクライアントは、この仮払いをなかなかしてくれなかったです。

2週間放置されたので、「仮払いお願いします」とこちらからメッセージを送ったら「忘れていました」と返事がきたやばい経験があります。

LINEに誘導するクライアント

やばいクライアントは、クラウドワークスを勧誘目的で使っています。

募集要件に、クラウドワークス初心者が「これならできそう」と思うギリギリの内容を書いています。

それで応募してきたクラウドワークス初心者に、募集はいっぱいになったので、LINEに連絡をくれたらもっといい副業を紹介します。

といった流れです。

本来の目的は、勧誘です。

10円でメールを読むだけ

クラウドワークス初心者の頃にタスク形式でみつけたやばい仕事です。

1日1回メールが送られてくるので、感想を書いて欲しいという内容です。

これは今は禁止されているのですが、昔は普通にクラウドワークスで募集されていました。

メールを読むことで、わざとアクセスが増えるような操作の加担をさせているのです。

テストライティングでただ働きさせるクライアント

テストライティングといって、5000文字の記事を2記事納品したことがあります。

これはテストライティングで、合格すれば高単価、継続案件ですというので気合を入れて納品しました。

結果は不採用。

テストライティングなので、お支払いはできませんといったやばい経験です。

検証をなかなかしてくれないやばいクライアント

納品したのに検証をなかなかしてくれないやばいクライアントがいました。

だいたい納品してから1週間以内には検証してくれるのが一般的です。

それなのに、そのやばいクライアントは1ヵ月してやっと検証完了してくれました。

あずき
あずき

あまりにも連絡がないので、クラウドワークス事務局に連絡して対応してもらいました。

このほかにも、5年もクラウドワークをやっていると失敗もいろいろしてきました。

クラウドワークスでやらかした失敗談については下記で詳しく解説しています。

クラウドワークスはなぜやばいといわれるのか

クラウドワークスはやばいといわれています。

稼げない

クラウドワークスでは、稼げません。

クラウドワークス初心者は、時給100円とか300円とかの世界です。

クラウドワークス初心者でなくても、5年やってきましたが月10万円稼ぐのでやっとでした。

儲からない

クラウドワークスは儲かりません。

クラウドワークスには、システム利用料があります。

これがほかのクラウドソーシングサイトと比較しても高いです。

あずき
あずき

例えば、副業特化サイトAnycrew ならワーカーの利用料は無料です。

勧誘目的で使われている

クラウドワークスで最もやばいと思うのは、クラウドワークスが勧誘目的で使われていることです。

クラウドワークスを副業や在宅で仕事がやりたいと思って使っている人に対して、高額セミナーや高額情報商材を売るための勧誘で使っています。

クラウドワークスはやめたほうがいい

クラウドワークスには、上記でご紹介したようなやばい案件やクライアントがたくさんいます。

それに稼げない、儲からないことからクラウドワークスはやめたほうがいいと感じています。

下記の記事では、クラウドワークスをやめたほうがいい理由ともしも今から在宅で副業を始めるならこの方法だと思うものをご紹介しているのでチェックしてみてください。

クラウドワークスでやばいクライアントに当たらないために

クラウドワークスでやばいクライアントや案件に当たっても、契約さえしなければなんとかなります。

評価を確認する

クラウドワークスで契約する前に必ずクライアントの評価を確認しましょう。

クラウドワークス初心者は、評価のないクライアントの仕事は応募しないほうが安全です。

仮払いを確認してから作業する

仮払いを必ず確認してから作業を開始するようにしましょう。

仮払いをなかなかしてくれないクライアントに対しては、メッセージで「仮払いお願いします」と伝えるようにしましょう。

クラウドワークス内で作業する

クラウドワークスでは、チャットワーク・LINEでやりとりをしたいというクライアントがいます。

5年やってきましたが、最近はほとんどチャットワークでやりとりしています。

もしも、クラウドワークス外でのやりとりをいわれたら、評価を確認してから契約するようにしましょう。

クラウドワークスで稼ぐコツ

クラウドワークスで稼ぐコツをご紹介します。

プロフィール欄でアピールする

クラウドワークスで稼ぐにはプロフィール欄を充実させるのが必須要件です。

自分の強みや付加価値を積極的にアピールしましょう。

クラウドワークスのプロフィール欄の書き方については下記の記事で詳しく解説しています。

連絡は迅速丁寧に

クラウドワークスでは、連絡が早い人が求められています。

特にデータ入力は、より早く作業ができる人が求められているので、クライアントからきた連絡には迅速に対応するようにしましょう。

副業するなら月1万円を目指す

クラウドワークスで副業するのはあり?なし?の記事で書いていますが、クラウドワークスで副業するのはおすすめしていません。

もしもクラウドワークスで副業を考えているなら月1万円稼げたらいいというスタンスでのぞんでください。

まとめ

クラウドワークスのやばい案件とクライアントをご紹介しました。

クラウドワークスはやばいなと思ったら、下記の記事で最善策を見つけてください。