【必読】保育士はもうやりたくない女の転職体験談 | あずき

【必読】保育士はもうやりたくない女の転職体験談

保育士辞めたい
この記事を書いた人
あずき

児童指導員・保育士を経て在宅で稼ぐ40歳主婦。
児童指導員・保育士・クラウドワークスWEBライターのリアルについて発信中。

あずきをフォローする
  • 保育士はもうやりたくない
  • 保育士はもうやりたくない女はどんな転職をした?
  • 保育士をもうやりたくないと思ったらどうしたらいい?

保育士をもうやりたくない!って思って辞めた女です。

そこで今回は、保育士をもうやりたくないと思った女がどんな転職をしたのかについて体験談を紹介します。

保育士を辞めたい・もうやりたくないと思っている方の参考になれば嬉しいです。

保育士をもうやりたくない理由

保育士をもうやりたくないと思う理由について紹介します。

休みの日でも仕事する毎日

保育士をやっていた頃は休みの日でも仕事をしていました。

  • 行事の準備
  • 保育関係の勉強
  • 保育関係の買い物

また、次の週の保育について常に考えているような休日を過ごしていました。

人間関係が昼ドラ

保育士の人間関係はドロドロとしていてまるで昼ドラのような雰囲気があります。

  • 言った言わない
  • やったやってない
  • 陰口
  • 悪口
  • 足の引っ張り合い

こんな毎日だったので保育士はもうやりたいとは思えません。

家に持ち帰って仕事する毎日

保育士をしていた時期は家に仕事を持ち帰ってやるのは当たり前でした。

行事前になると終わらないので、家族に協力してもらってなんとか仕上げていたようなものです。

家と保育園の往復

保育士をしていた頃は家と保育園を往復する毎日でした。

プライベートな時間を楽しむ余裕すらなかったです。

休憩時間がない

保育士は休憩時間があってないようなものです。

休憩時間も事務仕事としたり、休憩時間に子ども対応をしたり、休憩時間に行事の打ち合わせをしたりなんてことは日常でした。

また、休憩時間は保育園のなかで過ごさないといけませんでした。

いつ辞めたらいいの?の恐怖

保育士はもうやりたくないと思ったのに、1度始めてしまうと辞めるタイミングがないというのがあります。

もしもクラス担任をもってしまったら1年は辞められません。

また、慢性的な人手不足なので、保育士は常に不足しています。

そこで「辞めたいです」って言ったところでいつ辞められるかわかりません。

責任の重さに眠れない

保育士をもうやりたくないのは、責任の重さです。

保育士は一歩間違えば大事故や大怪我になっていたかも?と思うようなヒヤリとする経験は1度はしたことがあるでしょう。

幸いなにも問題を起こしていなかったとしても、いつ自分が加害者になってしまうかも知れないという怖さは常にあります。

保育士の責任の重さのわりには、お給料は低い。

そうなると保育士はもうしたくないです。

いい人から辞めていく

保育士をしていると、

  • この保育士さんいいな
  • こんな保育士さんになりたいな
  • こんな保育士さんと一緒に1年やっていきたいな

と思う保育士さんと出会います。

しかし、わたしの経験上保育士はいい人から辞めていきます。

保育士はもうやりたくない辞めてよかったこと

保育士を辞めてしまって、もうやりたくないと思っています。

では、保育士を辞めてよかったと思うことを紹介します。

好きなことでお金は稼げる

今は保育士を辞めてブログやWEBライターの仕事をしています。

もともと文章を書くのが好きでWEBライターになったのですが、全くの未経験から始めて月10万円は稼げるようになりました。

また、ブログを始めたことでアフィリエイトに挑戦して月10万円くらいは稼いでいます。

在宅でお金が稼げる

保育士を辞めて今は在宅でパソコン1台でお金を稼いでいます。

この仕事にしてから、在宅でお金を稼ぐよさを感じない日はありません。

  • 時間を気にせず仕事作業ができる
  • 場所を選ばず仕事ができる
  • 着る服・メイクは自由

こんなに自分にあっている仕事があるなんて!と感動すら覚えています。

人間関係は最低限にできる

保育士を辞めて在宅で仕事をするようになり、人間関係で悩むことはなくなりました。

保育士時代のように、

  • 悪口
  • 陰口
  • 上辺だけ

こんな人間関係はなくなりました。

仕事上のやりとりは、基本的にメールなので仕事のことしか話しません。

通勤電車に乗らなくていい

保育士をやっていた頃は毎日満員電車に乗って出勤していました。

見ず知らずの人と密着して通勤するのは、わたしにとってかなりストレスでした。

保育士をまたやってあの通勤電車に乗るんだと思うと、もうやりたくないと思ってしまいます。

プライベートが充実

保育士を辞めたことで、プライベートな時間ができました。

そこであらゆる副業にチャレンジしたり、お金の勉強をする時間ができました。

あのまま保育士をやり続けていたら、きっとボロボロになってたんじゃないだろうかとゾッとします。

保育士はもうやりたくないなら【失敗しない転職】

保育士はもうやりたくないなら、転職を考えてみましょう。

しかし、転職する前に失敗しない転職の方法を紹介します。

副業として始めてみる

保育士をもうやりたくないと思っていたとしても、いきなり明日「辞めます」なんていえないですよね?

それなら、まずは副業として在宅で稼いでみませんか?

副業なら今の生活を維持しながら、在宅で稼ぐスキルをつけられます。

また、副業収入が保育士よりも多くなるのもそう難しくはありません。

早めの転職が吉

もしも全く異業種に転職しようと考えているなら、早めの転職がいいです。

やはり若いうちに転職したほうが、採用されやすいです。

年齢を重ねてからは厳しい場合も。

保育士資格は使えない

保育士資格があるから転職が有利だと思うのはちょっと危険です。

保育士資格があるから働ける職種は限られています。

コツコツやるしかない

保育士はもうやりたくないから転職したからといって、すぐに大きく稼げる仕事はありません。

どの仕事もコツコツ積み上げていく必要はあります。

今の保育園を変えてみる

保育士はもうやりたくないと思っているのは、もしかすると今の保育園で働きたくないのかもしれません。

保育士の仕事自体にやりがいや思いがあるなら、今の保育園を変えてみるのがおすすめです。

【保育士の転職】Hoikuroo Job/園と直接つながれる なら直接保育園に匿名で質問できるので、内部情報が聞きやすく自分の納得のいく保育園がみつかります。

また、面接辞退はボタン1つでできるため、「やっぱり辞めておこう」と思ったら辞めやるのがいいです。

事業所内保育園ならプライベートな時間が確保できる

今の保育園が行事が多い保育園の場合、プライベートもなにもあったもんじゃないでしょう。

それなら、【保育バランス】事業所内保育所への転職支援サービス を使ってみましょう。

事業所内保育園は、子どもをその時間みるのが主な仕事なので行事やイベントに追われません。

子どもとじっくり関わりたい方におすすめです。

まとめ

保育士はもうやりたくない女がどんな仕事をしているのか紹介しました。

保育士を辞めてから大分絶ちますが、保育士はもうやりたくないという思いのほうが強いです。