【公立私立で違いあり】保育士の休み時間 | あずき

【公立私立で違いあり】保育士の休み時間

保育士の休み
この記事を書いた人
あずき

児童指導員・保育士を経て在宅で稼ぐ40歳主婦。
児童指導員・保育士・クラウドワークスWEBライターのリアルについて発信中。

あずきをフォローする
  • 保育士の休み時間ってないの?
  • 保育士って休み時間なく働いてるの?
  • 公立の保育園と私立の保育園で休み時間って違うもの?

保育士の休み時間ってどうなっているのでしょうか?

実は公立保育園と私立保育園で休み時間の過ごし方について違いがあるようです。

そこで今回は、保育士の休み時間について解説します。

保育士の休み時間

保育士の休み時間について紹介します。

公立保育園は改革がされて休み時間は取れている

公立保育園の場合、保育士の労働環境の改善がされて休み時間が取れる保育園が多いようです。

しかし、保育園の外にでるのは難しく保育園内で休み時間を過ごすのが一般的です。

また、休み時間を取る場所が保育室内や更衣室で取ります。

保育士の休み時間中はフリーの保育士が代わりに入って対応します。

私立保育園では休み時間がない場合も

私立保育園では、休み時間がない保育園もあるようです。

午前中から午後までずっと休み時間なしで働きっぱなしの私立保育園もあります。

私立保育園でも休み時間がある場合も

私立保育園でも休み時間が確保できる保育園もあります。

私立保育園は場所によって休み時間のあるなしがあります。

休み時間があるかないかは、それぞれの保育園で働いてみないとなかなかわかりません。

保育士の休み時間が取りにくい理由

保育士の休み時間が取りにくいのはどうしてなのでしょうか。

休み時間に連絡ノートの記入

保育士が休み時間が取りにくい理由として、休み時間内に保護者との連絡ノートの記入をする必要があります。

また、休み時間中に保育準備をしたり、掃除をしたりとやることがたくさんあります。

休み時間に子供と一緒に昼食

保育士は、年齢によっては子供と一緒に昼食をとります。

0歳児・1歳児は一緒に食べるのは難しいですが、それ以上になると一緒に昼食をとるため休み時間がありません。

午睡中に見守りや掃除

子供達が午睡をしている間に保育士が交代で休み時間をとります。

しかし、いくら午睡中だからといって子供たちの様子を観察しておく必要があります。

子供たちの様子を見守りつつ掃除や準備も行います。

また、子供が午睡が短い場合その都度対応する必要があります。

休み時間は保育園内で過ごす

保育士は休み時間は保育園内にいないといけない場合が多いです。

もしも、外出したい場合園長に報告してからなら、休憩時間中に外出できる保育園もあります。

休み時間に過ごす場所は更衣室

保育士が休み時間を過ごす場所は、更衣室が多いです。

特に休み時間用に部屋が用意されているわけではなく、更衣室に小さい机を出して休み時間にお菓子やお茶をする保育園があります。

保育士が休み時間を取るために

保育士が休み時間を取るためにできることを紹介します。

労働環境の改善を申し出る

園長に保育士が休み時間を取れるように改善を申し出る方法があります。

(休憩)
第三十四条 使用者は、労働時間が六時間を超える場合においては少くとも四十五分、八時間を超える場合においては少くとも一時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。
② 前項の休憩時間は、一斉に与えなければならない。ただし、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定があるときは、この限りでない。
③ 使用者は、第一項の休憩時間を自由に利用させなければならない。

労働基準法34条

となっています。

つまり、保育士は基本的に1日1時間以上の休憩を取るというのが決められています。

しかし実際問題休み時間が欲しいと思っても、現場で働いていると休み時間がどうしても取れないというのがリアルでしょう。

公立保育園に転職

保育士が休み時間を確保したいなら公立保育園に転職する方法があります。

公立保育園なら、休み時間もしっかり確保されているようです。

働きやすい保育園に転職

保育士が休み時間がしっかり取れる保育園に転職するのも方法です。

【自分で見つける、保育士の転職】ホイクル─ジョブ を使えば匿名で保育園に質問ができます。

応募前はチャットでやりとりができますし、面接の辞退もボタンで簡単にできるので気軽に自分に合った保育園を探したい方におすすめです。

まとめ

保育士の休み時間は公立保育園なら、きちんと確保できます。

私立保育園によっては休み時間はなしで働き続ける保育園もあります。