【保育士を辞めたいのに辞められない】円満退職する方法 | あずき

【保育士を辞めたいのに辞められない】円満退職する方法

保育士辞めたい
この記事を書いた人
あずき

児童指導員・保育士を経て在宅で稼ぐ40歳主婦。
児童指導員・保育士・クラウドワークスWEBライターのリアルについて発信中。

あずきをフォローする
  • 保育士を辞めたいのに辞めれない
  • 今辞めたらほかの保育士に迷惑がかかるから辞められない
  • 保育士を辞めたいのに辞められないけどもう限界

保育士は慢性的な人手不足が続いていて、辞めたいのに辞めれないという状況の方はたくさんいます。

夢や希望を持って保育士になったけど、辞めたいのに辞めれない状況を我慢し続けるのはよくありません。

そこで今回は、保育士を辞めたいのに辞められない方に向けて辞め方のコツについてご紹介します。

保育士辞めたいのに辞められない原因

保育士を辞めたいのに辞めれない原因から解説していきます。

どれかに当てはまるのではないでしょうか。

慢性的な人手不足で今辞めたら大変なことになる

保育園はどこも慢性的な人手不足です。

カツカツの人数で毎日乗り越えているのに、自分が抜けてしまったら残された保育士が大変なことになってしまいます。

あずき
あずき

そもそも1人抜けたからといって経営が成り立たないのは園長や施設長の責任です。

あなたが責任を負う必要はありますか?

子供達が心配

子供達のためになんとかここまで頑張れたのであれば、辞めてしまって離れるのが辛いですよね。

特に自分になついている子供達がいた場合は辞めれなくなってしまうことでしょう。

あずき
あずき

別れは辛いものです。しかし、あなたが毎日我慢しながら保育していることのほうが子供達は辛いのではないでしょうか。

保護者が心配

クラス担任をしていたのであれば、年度途中で辞めるとなると保護者に動揺が走ることでしょう。

あずき
あずき

保護者も大人です。あなたの気持ちも分かってもらえます。

クラス担任なので辞められない

保育園でクラス担任をもってしまうと、年度途中で辞めるとなると厳しいのは確かです。

しかし、雇用契約書を確認してみてください。

退職する場合最低2週間前に伝えるなど記載されているはずです。

できれば1ヵ月前に退職したい旨を伝えるといいのでしょう。

辞めたいけど辞めるのでもめたくない

保育士を辞めたいと思っても、先に辞めることでもめている先輩保育士を見た場合、自分はもめたくないという気持ちがあるでしょう。

あずき
あずき

今もめるのが嫌で保育士を続けるのか、もめても辞めたいのか自分によく聞いてみてください。

保育士辞めるコツ

保育士を辞めるコツはあるのでしょうか。

保育士を辞める理由

  • 体調不良
  • 結婚・出産
  • 異業種への転職
  • 親の介護
  • 引っ越しなど

保育士を辞めたい理由が、「人間関係に疲れた」などであったとしても辞める理由として使うのはおすすめできません。

もしかすると、なんとか引き止めるために違う提案をされてしまう可能性があります。

保育園側が引き止められないような理由がいいでしょう。

保育士を辞めることを伝える時期

できれば年度末での退職が辞め方としては円満に退職できるでしょう。

そのため、タイミングとしては秋か冬くらいには伝えておくといいでしょう。

年明けに言われても、準備ができないと言われる可能性があります。

保育士を辞めるときのポイント

  • 保育園に負担をかけないように引継ぎができる準備をしておく
  • 引継ぎは書面で残しておく
  • 直属の上司に伝える

辞めたいのに辞められない最終手段

保育士を辞めたいのに辞められない場合最終手段をご紹介します。

退職届を出す

退職届を提出して辞めるのが最終手段です。

退職届には、日付を忘れずに書くようにしましょう。

それでも辞めれない場合は、労働基準監督署に相談するのも方法です。

保育士を辞めても働き方はいろいろある

保育士を辞めたとしても実は在宅で稼ぐ方法があります。

新しい保育園に転職する

保育士自体を辞めたいのでないのであれば、新しい保育園に転園するのも選択肢として考えておきましょう。

ほいく畑

  • 厚生労働大臣認可されている保育士専門求人サイト
  • 月給25万円以上
  • 週3日短時間の保育の仕事が見つかる

【保育士の転職】Hoikuroo Job/園と直接つながれる

  • 保育園へ匿名で質問できる
  • 給与交渉サポート
  • 面接同行なし

保育エイド

  • 人間関係良好の保育園が見つかる
  • 人間関係のいい保育園を厳選

転職する

保育士の資格を生かして転職する方法があります。

また、今の時代なら在宅で稼ぐ方法もあります。

副業を始めてみる

保育士を辞めたいのに辞めれないのは収入源が保育士しかないからですよね?

それなら保育士をしながら副業を始めてみてください。

副業収入を得られるようになれば、いつでも保育士を辞めたいときに辞められるようになります。

在宅で毎日3000円コツコツ稼ぐ

毎日3000円コツコツ稼げるような在宅でできる仕事は、下記の記事でご紹介しています。

【体験談】保育士辞めたいけど辞めれなかった過去の自分

保育士を辞めたいのに辞めれなかった過去の自分の体験をご紹介します。

希望ももって夢の保育士に

保育士として働くお母さんやお父さんを助けたい、その子供が持つキラキラを伸ばしたいと思って保育士になりました。

毎日子供との関係や保護者との関係に悩みながらも、保育士としてやってきました。

それでも育休明けから復帰

悩みながらもなんとか辞めずにきました。

結婚をしたタイミングで辞めるというのもありましたが、結局保育士は続けていました。

子供を産んで育休明けで復帰しました。

すると一気に保育士という仕事と家庭との両立ができなくなってしまいました。

どちらも中途半端な毎日

保育士の仕事も中途半端。

子育てや家事といった家庭も中途半端な毎日でした。

とにかくいろいろな人に迷惑をかけ「すみません」「お願いします」「子供が急に熱を出して」と謝り倒す毎日に疲弊していきました。

年度末で退職を希望

クラスをもっていたため、退職の意志を園長に伝えました。

引き止められる

園長には何度も引き止められました。

保育士を辞めても就職できるものではないなどいろいろ言われました。

周りの保育士からも、子育てで辞めるなんてもったいない。

大変なら周りでフォローするとたくさんありがたい言葉をいただきました。

それでも無事に辞める

それでも無事に年度末に退職することができました。

辞めてよかった

保育士を辞めて今は在宅でWEBライターの仕事やブログで収入を得ています。

今思うことは、保育士を辞めてよかったということです。

在宅で仕事ができるので、我が子の成長をまじかで見れますし、自分の新しい可能性をためせているのは保育士を辞めれたからだと思っています。

まとめ

保育士を辞めたいのに辞めれない場合の対処法についてご紹介しました。

迷ったらなら、今一度自分の気持ちに耳を傾けてください。

あんたはどうしたいですか?