【保育士は辛い】子供が好きだけではできない | あずき

【保育士は辛い】子供が好きだけではできない

この記事を書いた人
あずき

児童指導員・保育士を経て在宅で稼ぐ40歳主婦。
児童指導員・保育士・クラウドワークスWEBライターのリアルについて発信中。

あずきをフォローする

子供が好きだから保育士を目指したけど、実際に働くのは辛い。

こんなに保育士が辛いとは思っていなかった。

期待を胸に保育士になったのに、辛いと思うことが多いですよね。

そこで今回は、保育士が辛いと思う理由や辛いのは、ずっと続くのかについて長年保育士をしてきた経験から解説します。

保育士が辛い理由

保育士が辛い理由について解説していきます。

保育士は個性的な人が多い

保育士はプライドの高い人が多いです。

【保育士はプライドが高い人が多い】サバイバルで生き残る方法でも解説している通り、なかなかのツワモノ揃いです。

ほかにも保育士なのに子供のような人もいたり、その日の気分次第で無視されたり、目を合わせてくれない保育士もいます。

長年保育士をしてきましたが、普通の人(?)はあまり出会ったことがありません。

個性派揃いの保育士の世界でやっていくのは、なかなか辛いですね。

保護者との関係が1度こじれるとかなり辛い

保育士の辛い理由として、保護者との関係がこじれてしまうことです。

保護者対応は、よかれと思ってやったことが逆効果だったり、保護者の不信感を増してしまう原因になってしまうことがあります。

1人でどうこうというわけではなく、保育園全体での課題になってしまうことがありかなり辛いことです。

先輩からのプレッシャーが辛い

保育士の先輩からのプレッシャーが辛い場合もあります。

【保育士なのにミスばかりで怒られる】原因と対策でも解説していますが、先輩からのプレッシャーが辛くでミスばかりしてしまうといった悪循環に陥ってしまうこともあります。

また、【保育士の先輩】言い方がきつい【我慢するしかないの?】言い方のきつい先輩保育士の言葉が辛くて萎縮してしまうこともあるでしょう。

ペアの保育士とうまくやれなくて辛い

ペアの保育士とうまくやれたらいいのですが、年度によっては最悪な場合もあります。

【誰か助けて】保育士のペアの先生と合わないときの対処法でもご紹介した通り、1度関係がこじれてしまうと口も聞いてくれない場合も。

そうなると毎日仕事に行くのも辛くなってしまいます。

給料が安すぎて辛い

保育士の給料は、安くて辛いです。

こんなに責任が重くて、命を預かる仕事なのに、毎月カツカツの生活では、保育士辛いと思ってしまいます。

園長が意地悪で辛い

保育園の園長もなかなか個性的な人が多いです。

なかには「なんで園長ができたんだ?」というような人が園長になっていることもあります。

【保育士をいじめるうざい園長撃退方法】実は救世主なのか!?でもご紹介しているのですが、園長は意地悪で辛くても結構これはいい部分もあります。

\人間関係がいい保育園で働きたいなら/

保育士は辛いは永遠に続くのか

保育士をしていて辛いと「このままずっと辛い気持ちは続くのかな?」と不安に思ってしまいますよね?

ここでは、保育士の辛い気持ちはどのように昇華できるのかご紹介します。

経験で埋まる部分もある

保育士が辛いと感じるのは、経験不足の場合があります。

保育士経験を積んでいけば「まあ、こんなもんか」というように流せる部分もでてきます。

また、「こうしておかないと後々やばいことになるな」と危機を察知する能力も高まります。

クラス担任の顔ぶれで決まる

保育士の1年は、クラス担任の顔ぶれによって大きく違います。

ただ、長年保育士をしていると、いい保育士ばかりでも問題は起こりますし、辛いこともあります。

保育士の仕事は仲良しこよしでするものではないなというのが実感です。

気をつけるべきポイントがわかってくる

保育士を続けていると、1日の流れのなかでのポイント、1年の流れのなかでのポイント、1週間での流れのポイントがわかってきます。

また、気をつけるべきポイントも年齢ごとにだいたいわかってきます。

保育士の世界がわかる

保育士の世界というのは、1年保育士を続けていけばだいたいわかってきます。

例えば、

  • この先輩保育士は何曜日は機嫌が悪いから話しかけてはいけない
  • 後輩保育士は会議のときどういう振る舞いをすると嫌われる
  • 保育士での飲み会は十分注意が必要など

どうやったらうまく渡り歩いていけるのかについては、このブログで今後も発信していきます。

辛いことが終わってもほかの辛いことは始まる

保育士をしていて「辛いなあ」と思うことは星の数ほど経験します。

残念なお知らせですが、一つ辛いことが終わってもまた新たに辛いことはやってきます。

お給料は転職も視野にいれよう

お給料については、保育園を変えるというのは一つの方法です。

【保育エイド】人間関係で悩みたくない保育士さんのための転職支援サービスを利用して自分にあった保育園をみつけるのもおすすめです。

\人間関係がいい保育園で働きたいなら/

保育士に疲れたらネットで稼ぐ

保育士をしているといろいろしんどいですよね?

保育士を辞めたとしてもネットで稼げる時代です。

ネットで稼ぐ方法はたくさんあるので、全くの未経験者でも稼げる方法をご紹介します。

クラウドソーシング

ネット上で仕事をしたい人として欲しい人を繋げてくれるマッチングサイトです。

クラウドワークス が有名ですね。

クラウドワークスについて詳しく知りたい方は下記の記事をチェックしてみてください。

クラウドワークスは、初心者からプロレベルの仕事ができて初心者からでも仕事がゲットできます。

どれくらい稼げるのかについては、下記の記事で詳しくご紹介しています。

わたしは、クラウドワークスで5年やってきましたが、結局稼げたのは月10万円が限度でした。

保育士を辞めてからも稼ぐ方法があることは知れたのはよかったですが、クラウドワークスはやめたほうがいいと感じています。

ブログ

ブログに広告を貼り付けて広告収入を得る方法です。

すぐに稼げるような簡単なものではありませんが、コツコツ正しい方法で継続すれば、月5万円稼げるとされています。

ユーチューブ

ユーチューブで自分の得意なことを発信してお金を稼ぐこともできます。

こちらも即金性はありませんが、コツコツ継続していくことで保育士以外での収入源を得ることができます。

SNS

SNSで発信して、自分のファンを増やしていけば、ブログからの収益やユーチューブからの収益に繋げることができます。

0歳児担任が大変や辛いということを発信して、同じ境遇の仲間と繋がるという方法もあります。

アンケートモニター

アンケートモニター とは、無料登録しておけばメールでアンケートが送られてきます。

アンケートに回答すればポイントがゲットできるという仕組みです。

隙間時間にコツコツできるので初心者におすすめです。

まとめ

保育士は辛いです。

長年保育士をしていますが、辛いことがない年度なんてそうそうありません。