【保育士は地獄】10年やって気が付いた真実 | あずき

【保育士は地獄】10年やって気が付いた真実

保育士のお悩み
この記事を書いた人
あずき

児童指導員・保育士を経て在宅で稼ぐ40歳主婦。
児童指導員・保育士・クラウドワークスWEBライターのリアルについて発信中。

あずきをフォローする
  • 保育士は地獄?
  • 保育士が地獄って思った理由って何?
  • 保育士地獄からどうやって向け出したの?

保育士を10年経験してから在宅で毎日3000円コツコツ稼いでいます。

今改めて、保育士時代は地獄だったなとつくづく感じています。

そこで今回は、保育士が地獄だと感じた体験を元にどうして在宅ワークの道を選んだのかについて紹介していきます。

保育士は地獄

保育士は地獄と思った理由を紹介します。

人間関係が地獄

保育士の人間関係は独特です。

女性が多いこともあって、かなりドロドロと常に誰かが誰かの悪口や陰口を言っているような世界です。

誰か特出してできる保育士がいたら、瞬間でつぶされます。

保育士の人間関係は地獄です。

定時で帰れない地獄

保育士は、基本的に残業してなんぼというのが根強く残っている仕事でした。

何か仕事があるわけではないのに、無駄に先輩保育士のあとに帰るのが礼儀みたいになっていました。

新人保育士は相手にされない地獄

保育士の世界は、上下関係が厳しいです。

そのため新人保育士は、相手にされません。

無視される毎日

保育士の先輩によっては、平気で無視します。

何が原因かも分からないのに、ある日突然無視してくる日がありました。

同じクラス担任だったら毎日地獄ですよね。

保護者からも相手にされない地獄

保育士は保護者との信頼関係は欠かせません。

新人保育士の時代は、保護者対応でかなり悩みました。

保護者は自分よりも年上で経験もいろいろある。

それに対して自分は、保育の勉強はしてきたものの、子供を産んだ経験も保育の経験もないに等しいとなると相手にされなくて当然です。

この保育士うざいと思われていた可能性も高いでしょう。

失敗ばかりの地獄

保育士になりたての頃は失敗ばかりしてきました。

毎日1つやらかしていたと感じています。

自分がいなかったら地獄

保育士をやっていると、自分じゃなくほかの保育士が担任だったらこんなことにならなかったのにな。という経験を何度となく経験してきました。

まさに自己肯定感はだだ下がりになりました。

辞めたくても辞められない地獄

保育士は、だいたいクラス担任をもちます。

そのため年度途中に辞めるのは非常に辞めにくい。

かといって、誰かが辞めていっているなかで自分はどのタイミングで辞められるだろうと考えていると辞めるに辞められない毎日でした。

感染症フルコース地獄

保育士になった1年目は子供たちの感染症をフルコースでかかりました。

保育士に慣れないストレスと体調も優れない毎日で地獄のような日々でした。

年度途中では逃げられない

クラス担任をもたされると年度途中で辞めるなんて許されません。

年度途中で辞めると子供にも保護者にも迷惑がかかってしまうので、辞めたいなの辞めれない保育士がたくさんいます。

保育士が地獄なときやらかしたエピソード

保育士が地獄だと感じていたときのやらかしたエピソードをいくつかご紹介します。

無視する先輩保育士にこびを売る

無視してくる先輩保育士が怖くて、いつの間にかその先輩保育士に気にいられるために保育園に通っていた時期があります。

子供たちのための保育ではなく、先輩保育士が気にいってくれる保育をしにいっていた感じです。

まさに地獄ですよね。

保護者に余計なアドバイス

保護者に対して少しでも存在アピールしたいと思って保護者に余計なアドバイスをしていた時期があります。

まさに、やらかしエピソードでうざい保育士と思われていたと思います。

意味なく残業

新人保育士の頃は、仕事なんてほとんどふってもらえません。

仕事もないのに意味なく、残業していた時代があります。

保育士が地獄なのは保育園が問題かも

保育士が地獄と感じるのは、今働いている保育園が原因かも知れません。

保育園を転園するのであれば、保育士専門の求人サイトを使いましょう。

ほいく畑

  • 厚生労働大臣認可されている保育士専門求人サイト
  • 月給25万円以上
  • 週3日短時間の保育の仕事が見つかる

【保育士の転職】Hoikuroo Job/園と直接つながれる

  • 保育園へ匿名で質問できる
  • 給与交渉サポート
  • 面接同行なし

保育エイド

  • 人間関係良好の保育園が見つかる
  • 人間関係のいい保育園を厳選

保育士が地獄なら転職も

保育士が地獄と感じるなら、保育士の資格を生かして転職する方法があります。

人気の転職先については下記で詳しく紹介しています。

【保育士は地獄】在宅で毎日3000円コツコツ稼ぐ

保育士は地獄と感じたので、辞めました。

そして在宅で毎日3000円コツコツ稼いでいます。

毎日3000円在宅で稼ぐメリットについて紹介します。

人間関係がない

在宅で毎日3000円コツコツ稼ぐ方法は、基本的に自宅でパソコンやスマホを使って仕事を受注します。

やりとりはメッセージやチャットワークなので、仕事に関すること以外はやりとりがありません。

人間関係で悩むことは一切なくなりました。

通勤電車に乗らなくていい

在宅で毎日3000円コツコツ稼ぐ方法は、自宅でパソコンやスマホを開けばお仕事開始です。

通勤電車に乗って、通勤する必要がありません。

自由な時間に仕事ができる

在宅で毎日3000円コツコツ稼ぐ方法は、自分のペースで自由な時間に仕事ができます。

その日、休むのか仕事をするのか自由に決められます。

保育士時代の地獄体験からのリハビリ

保育士から在宅で毎日3000円コツコツ稼ぐ方法に切り替えたことで保育士時代の地獄体験で受けた傷を癒すことができました。

わたしがおすすめする在宅でできる毎日3000円コツコツ稼ぐ方法は下記の記事でご紹介しています。

体験談】保育士は地獄

実際に保育士が地獄と感じていたときに体験した経験談を紹介します。

新人保育士に「今年の新人使えない」

新人保育士時代に先輩保育士から「今年の新人保育士、まじ使えないんですけど」って大きな声で言われたことがあります。

10年やってみてその先輩保育士のことを知ってからは、どうしていわれたのかわかりますが。

そのときはかなり凹みました。

無視してくる先輩保育士

保育士時代に先輩保育士から無視された経験があります。

理由が今でもわからないのですが、急に無視されてしまいました。

遅番や早出の引継ぎをしないといけないときも目も合わせてくれませんでした。

この子は仕方がないからら面倒みるわ

新人保育士時代に、クラス担任でグループ分けして子供たちを保育することになりました。

4人保育士がいて、

  1. ベテラン
  2. ベテラン
  3. 中堅
  4. 自分

というクラス担任でした。

すると目の前で「この子使えないけど、仕方がないから面倒みるわ。代わりに○○はお願いね」と言われたことがあります。

\人間関係がいい保育園で働きたいなら/

まとめ

保育士時代の地獄エピソードを紹介しました。

もし今保育士が地獄と思っているなら、別の稼ぎ方を模索するのも方法です。