【保育士の吐き気】休むか出勤するか迷ったら  | あずき

【保育士の吐き気】休むか出勤するか迷ったら 

保育士の休み
この記事を書いた人
あずき

児童指導員・保育士を経て在宅で稼ぐ40歳主婦。
児童指導員・保育士・クラウドワークスWEBライターのリアルについて発信中。

あずきをフォローする
  • 毎日吐き気がして辛い
  • 保育士が吐き気があったら休んでもいい?
  • 保育士は吐き気があっても出勤しないといけない?

保育士をしていると吐き気で朝目が覚めるなんて経験は何度となくあります。

保育士が吐き気があるとき休むべきか出勤するべきか迷ってしまいますよね?

そこで今回は、保育士が吐き気がある場合休むのか出勤するのかについて紹介します。

保育士の吐き気の原因

保育士が吐き気をもよおす原因について考えてみましょう。

感染症・二日酔い・つわり

保育士が吐き気があるときの原因は、体調面の場合があります。

例えば、感染症の処理をしたその日に激しい吐き気をもよおした経験があります。

深夜から吐き気が続き、翌朝まで続いたというつらい経験です。

また、妊娠の可能性もあります。

吐き気をもよおす前に、何か原因になりそうなことはなかったか確認してみてください。

ストレス

保育士が吐き気があって休みたい原因としてストレスが考えられます。

強いストレスにあなた自身が耐えられなくなってSOSを出している状態でしょう。

そのまま放置して休まずに出勤していると、心に限界が来てしまうかも知れません。

保育士が吐き気があって休むのはありか

もしも保育士をやっていて吐き気がある場合、休むのはありなのか基準がわからないですよね?

感染させてはいけない

保育士に吐き気があって感染症が疑われるのであれば、休む必要があります。

それは大切な子供たちに感染させてしまうリスクがあるからです。

保育園で感染症が流行っていて、吐き気をもようす子供や職員が多いのであれば、園長に相談した上で休むほうがいいでしょう。

園長に相談する

自分の判断だけで吐き気がするから休むというのはいけません。

必ず園長か主任に相談するようにしましょう。

体調管理に注意する

保育士は体調管理も仕事のうちとされています。

次の日のことを考えて行動するのは保育士として求められるスキルでしょう。

常に万全の体調で保育できるよう、体調管理を徹底しましょう。

必要があれば専門機関に相談する

保育士をやっていて吐き気があるなら、専門機関に相談するようにしましょう。

自己判断ではなく、専門機関に相談することで解決につながるかもしれません。

保育士が吐き気で病院を受診「休むの?」発言への対処法

強い吐き気があり病院を受診したとしましょう。

病院では、感染症といわれたので、保育園に休む連絡をいれると「休むの?(よく休めるわね)」といわれてしまう場合どう対処したらいいのか紹介します。

体調不良では保育にならない

体調不良で吐き気があるのに、無理して出勤したからといって保育できるわけがありません。

元気な身体で保育しましょう。

電話での相手の口調の裏を読まなくていい

保育士をやっていると、どうしても相手の口調からいろいろ裏を読んでしまいますよね?

しかし、そこまで読んでいたら保育士なんてやっていけません。

「休むの?(よく休めるわね)」といわれても、あなたは病院に行って診断もされています。

「はい。申し訳ありませんが、休ませてください」と答えましょう。

休んでからが大切

保育士をやっていると、休んでしまったら裏でなにをいわれてるかわからない恐怖ってありますよね?

しかし、今回の場合吐き気があって病院を受信して感染症と診断してもらっています。

子供達にうつす危険性を考えると出勤している場合ではありません。

保育士が休んだなら、その次の日が重要です。

休んだ次の日どういう風に振る舞えばいいか下記の記事で紹介しています。

毎日吐き気がして休んでしまう

毎日出勤前になると吐き気がして休んでしまう場合、どうしたらいいのか紹介します。

専門機関に相談する

出勤前になると急に吐き気がくると参ってしまいますよね。

もしかすると、あなたの身体や心はもう限界に達しているのかも知れません。

専門機関に相談するようにしましょう。

休職する

働いている保育園によっては休職制度が用意されている場合があります。

休職してしっかりと休むという方法があります。

自分にあった保育園に転職する

もしかすると、今働いている保育園が辛いのかも知れません。

保育バランス なら事業所内の保育園求人が豊富です。

行事やイベントなどに追われる毎日ではなく、子供たちとゆったりと向き合って保育がしたいなら使ってみましょう。

また、【保育士の転職】Hoikuroo Job/園と直接つながれる ならチャットで応募前のやりとりができて、もしも辞退する場合もボタン一つでOKです。

登録してからは直接保育園の担当者に匿名で質問もできるので、自分のペースで転職したい方にぴったりです。

全く違う職種に転職する

毎日吐き気がして休んでしまうのであれば、保育士という仕事自体に疲れてしまっているのかもしれません。

毎日吐き気がして辛いのであれば、保育士ではない職種に転職することも検討してみましょう。

【保育士辞めて良かった】10年目に気が付いた真実を赤裸々に告白では、保育士を辞めて良かったと思える経験談を紹介しています。

まとめ

保育士をやっていて吐き気が辛いなら、まずは原因を考えてみましょう。

感染症や二日酔い、つわりの可能性があります。

なにか心当たりはないか探ってみましょう。

なにも原因として思いつかないのであれば、もしかするとストレスからきているのかも知れません。

その場合は自己判断せず、園長に相談したり、専門機関に相談したりしてみましょう。